荷物を運ぶ人達

2 6月 , 2014

便利屋とは

箱を組み立てる

便利屋とは、その名前が示す通り、私たちの生活のさまざまな「困った」を解決してくれる、便利な業者のことです。

現在、インターネット上で検索をしてみると、さまざまな業者のウェブサイトを見つけることができます。

請負内容は多岐にわたり、部屋の掃除のような簡単なものから、引越しの際の荷物や不用品の整理など、自分だけで行うには少々手間のかかることや、遺族だけでは、思い出の品を捨てられず、なかなか進まない遺品整理まで請負う業者があります。

その他、運動会の場所取りといったような、少々特殊な内容を請負う業者も存在します。

料金は業者それぞれのシステムで異なりますが、「便利屋お住いの地域頼みたい内容」などの検索ワードをインターネット上で検索してみるとあなたの「困った」をお手頃価格で解決してくれる業者が見つかることでしょう。

便利屋の業種
便利屋という業種の仕事が近年になって普及してきています。仕事内容は引越しや運送、掃除、不要品処理など多岐にわたります。利用者は自分の代わりに何かをしてほしい、自分では労力が足りないから手助けしてほしいと考えて依頼することが多いです。

便利屋の仕事内容の中に、遺品整理があります。遺品を処分するには手間や手続きがかかりますが、電話で依頼すれば即日対応してくれる業者が多く、処分方法に関しても遺品ごとに適した方法で処分してくれます。

便利屋の必要性
特定の専門業種ではなく、よろず屋的にさまざまな雑事を引き受けいる便利屋ですが、最近は遺品整理を請け負う場合が少なくありません。

独居老人が孤独死し、家具や生活用品が大量に残された場合、遺族には遺品の整理と廃棄が負担ですし、やりたがらないものです。それでも故人が借家や賃貸アパートなどの賃貸住宅に住んでいた場合はなるべく早く明け渡さなければなりません。

このような時に請け負ってくれる便利屋は少子高齢化を背景に今後ますます必要になります。

引越しのメリット
引越しのメリットは、新しい環境に住むことができ、いままでとは違う生活を楽しむことができることです。また、いままでよりもよりよい家や、生活環境、交通の便のよいところなどに変えることができれば、いままでの生活よりも楽になります。

引越しをするときには、荷物を運んだり、前に住んでいた家を清掃したり、不用品を処分する必要がありますが、最近では便利屋を利用する人も増えています。荷物を梱包したり、清掃を行っています。

2 6月 , 2014

便利屋による引越しとは

ガムテープを貼る

便利屋による引越しとは、個人の引越しを、一般的なサービスを行う業者ではなく、個人の業者に依頼して行うことです。

力仕事は、女性やお年寄りなど力のない人には難しいけれど、誰か力のある人に頼むことで簡単にできることなので、代金を払うことによって代行してくれるこのサービスは便利です。一人暮らしの人は、一般的な業者に頼むほどには荷物は多くないですが、すべての荷物をひとりで運ぶのは難しいため、こういった個人の業者に頼むことで、料金も安く済みます。

引越しの方法
引越しを安くスムーズに行う方法として、自分たちで運べる小さな荷物は運んで、大きな家具や電化製品だけ業者に依頼するやり方があります。

その際、便利屋を利用するのもひとつの手です。

こういった業者は、新居での片付けなども依頼することができて便利です。

引越し専門業者に頼むよりも安くで済ませることができ、経済的にも助かります。

また遺品整理なども行っているので、かかりつけのこうした業者を知っていれば、後々何かあった時にも気軽に頼めて良いでしょう。

遺品整理の方法

遺品整理には、遺族が個人で行うほかに、引越し業者や便利屋に依頼する方法もあり、近年このやり方を選択する人が増えています。

これらの業者には最初から遺品整理専門をうたったものもあり、電話帳やネットのホームページで探すことができます。

この時大切なのは、全体の料金に加えて、遺品の中に、中身の残ったスプレー缶や、貴金属、紙幣など特殊な処理方法が必要なものがあった場合の割増料金の有無について、きちんと明示されている業者を選ぶということです。

遺品整理における便利屋の活用法
一人暮らしをしていた血縁関係者が亡くなり、その人が賃貸住宅に住んでいた場合、管理会社から遺品整理をするよう要請があります。貴重品や大切な物は引き取り、その住居にある家具や家電をすべて処分し、部屋を空の状態にするのは、かなりの重労働です。

遠方に住んでいたり、高齢であったり、亡くなった方との関係が親しい間柄ではなかったりした場合、このような作業を行うのは難しいです。そこで、便利屋に遺品整理を依頼するという方法があります。費用や作業内容は業者によってさまざまですので、いくつかの業者に問い合わせをして、検討するのが良いでしょう。